読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Simple and Worthy LIFE

シンプルライフ、時々贅沢。

「書道は瞑想の実践」正月の深夜1時に急に思い立ち、一人静かに書道瞑想

墨 -- Chinese ink

新年ということで、書き初めなるものをしてみました

正月の深夜1時に急に思い立って書き初めをしました。
 
急に書道をやろうと思ったきっかけは、友人の結婚式でしょうか。
いつもお祝儀袋とか上手く字が書けないのはちょっと恥ずかしいですよね。。。
普段はタイピングばかりで字を書く機会がほとんどないので、
字がもう少し上手くなりたい、という動機が一つ。
もう一つは、静かな空間で何かに集中したい、という想いがあったからですかね。
 
実家のクローゼットから小学生の頃の習字道具を引っ張りだしてきて
久しぶりのお習字。
率直な感想は、
字って難しい。筆遣いって難しい。。。
一応小学生の頃は習字を習っていたので、
昔の方がよっぽど上手いんじゃないだろうか…。
とさえ思います。
 

ひたすら集中して字を書くという時間

でも、書いている時間はひたすらに字を書く事だけに集中できて、
瞑想的な効果が得られている気がする。
写経の良さとか、少しだけ納得できた感じ。
 
静かな空間で余計な事を考えずに、
字のバランスとか、筆を置く場所、力の入れ方、余白の使い方、
そんな、普段使わないような脳を使っている感じで
書いていると、とっても脳がリフレッシュできます。
 

「書道は瞑想の実践」

ノーベル平和賞候補になったベトナム禅僧ティク・ナット・ハン氏のお言葉です。
禅と書道は繋がっているのです。
 
深夜にやるのって不思議な感じだけど、
静寂と外の暗闇に囲まれた空間ってとっても気分が落ち着いて、
とても良い時間帯だと思います。
誰にも邪魔されないので集中できます。
 
実家とかに昔の書道道具があれば超気軽に始められる趣味なので、
試しにやってみる価値はあると思います♪