読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Simple and Worthy LIFE

シンプルライフ、時々贅沢。

こってりスパイシーなもつ鍋!?東京純豆腐のホルモンスンドゥブがウマ辛であったまる♪

寒くなってくると、もつ鍋が食べたくなってきますよね。
ランチ時に無性にもつ鍋が食べたくなってきましたが、
昼時にもつ鍋が食べられるお店があまりなく。

と、東京純豆腐の前を通ると、ホルモンスンドゥブなるものが目に入りました。
東京純豆腐は新宿、渋谷などにありますが、二子玉川のriseの中にもあったんですね。
美味しいスンドゥブと一人でもさくっと入れる雰囲気で、都内のOLさんたちに大人気のお店です。

さて、ホルモン×スンドゥブという見るからにおいしそうなこの組み合わせ。
迷わず入店し、オーダー。
辛さは5段階、スープは3種類から選べます。

あまり混雑していなかったので、5分程度で配膳されました。
具は基本のスンドゥブに入っている、たっぷりの豆腐とニラ、アサリ、
これにこってりホルモンがたっぷり入っていました。

スープを飲んで、期待通りの味に思わずにんまり。
こっくりとした味噌ベースのスンドゥブにホルモンのうまみが混じり、
ちょっぴり辛いスープが寒い日に体が芯からあったまってぽかぽかしてきます。
ご飯をスープに入れて食べるのもまた美味!
黙々と無心でスープ、ご飯、スープ、と食べちゃいました。

スンドゥブはこーんなに美味しいのにとってもヘルシーなのが嬉しいですね!
ホルモンスンドゥブは、このボリューム感で400kcal程度。
心も体もあったまって、大満足!

ごちそう様でした!

 

関連ランキング:韓国料理 | 二子玉川駅二子新地駅

まるで豚骨風モツ煮スープ!?新潟のスノボ帰りに寄りたい妙高グルメ豚汁 たちばな

寒くなってきましたね。
夏が来る時のわくわく感と同じようなことを冬がやってきたときにも感じる私。
そう、スノボの季節です。

思いっきりゲレンデで滑った後のお楽しみ。
それはあったかい温泉とご当地グルメ
新潟県妙高周辺に来たら絶対食べるのがここの豚汁
豚汁 たちばな
雪積もる冬の寒〜い日に、はふはふしながら食べるとたまらないんです。


たかが豚汁
いえ、具の量がめっちゃ多く、こってりスープはゴハンによく合い、脇役なんかじゃありません。
濃厚な豚骨スープのお味噌汁という感じ。
モツ煮のようなこっくりとした美味いスープは
メインを張れる美味しさです!

豚汁セットはボリューム満点。

美味しい新潟のお米を大盛りで食べれば
食べ盛りのメンズでも十分満足できると思います。
しかも安い!
また、豚汁つけ麺という、豚汁にラーメンを入れて食べれるものもあり、これはもう、具沢山の豚骨ラーメンですね。
でも、こってりだけれども、嫌な脂っこさもなく、
豚骨ラーメンよりもあっさりといただけます。

店頭ではインスタントの豚汁も販売していますので、ご自宅でも♪

近くにお立ち寄りの際は是非!

関連ランキング:定食・食堂 | 北新井駅新井駅

現役コンサルも志望者も必読書!現役コンサルがドキッとする話題本 いたいコンサル すごいコンサル

いたいコンサル すごいコンサル 究極の参謀を見抜く「10の質問」

著者:長谷部 智也さん

 

最近、ビジネス書籍で割と人気のこちらの本。

元バリバリの戦略コンサルで、パートナーまでのぼりつめた筆者による、
コンサル使いのHOW TO本です。

こういうコンサルは気を付けろ、の見分け方、
なぜそんな提案、プロジェクト体制をとるのか、の内情暴露、
そして具体的にどうやって見分けるのか、という質問が非常にロジカルかつ簡潔に書かれています。

そのコンサルをどうやって見分けるか、の「コンサルの資質を測る10の質問」、という立てつけになっていますが、
これは二種類の読者に向けたものになります。

 

その①:コンサルを雇う企業側へのアドバイ
コンサルの秘密のベールを暴くような内容。
こうやって雇うコンサルを見極め、こう使え、という指南本。

 

その②:現役コンサルに向けた「お前は大丈夫か?」を問いかける警告
本書では派遣社員のように長期でオペレーションフォローをするようなコンサルの実情を徹底的に糾弾する姿勢です。
そんなものはコンサルのあるべき姿ではない、と。
なぜそんなコンサルが増えてきたのか、についても世代別のコンサル実態の変遷についても描かれています。

 

現役コンサルも、ジュニア層からシニア層まで

この書籍から学ぶこと、考えさせられることは非常に多いです。
比較的コンサル歴の浅い、アナリストからコンサルタントあたりのジュニア層には、
どういう考え方でどのように提案していくのか、というコンサルの基礎を学べますし、
マネージャー以上のシニア層にも、今営業している/プロジェクトとして走らせている案件の提案が
「あるべき姿」に則ったものになっているのかを改めて問われ、背筋をぴんとさせられます。

この本を皮切りに、一度自省してみるいい機会なので、コンサルの方へは是非読んでもらいたいです。

 

さらに、これからコンサルを目指す、コンサル志望者に読んでほしい内容でもあります。
コンサル会社と一口に言っても、上流から下流まで様々であり、
プロジェクトの運営方式、求められる役割、価値の出し方も千差万別です。
コンサルになるにあたって、どういった環境を求めるのかによって、会社を選ぶ必要がありますが、
その大きな手助けとなるでしょう。
また、面接等でこの書籍に記載されているような質問を面接官にぶつけることにより、
その会社の姿を的確にとらえることができると思います。

 

コンサル業界に入られた方、これから目指す方、是非ご一読下さい!

【オイスターバー ワーフ】新宿でさくっと牡蠣が食べたいなら!シンガポール発オイスターバー@NEWoMan

寒くなってくると、無性に牡蠣が食べたくなる!
今日は新宿あたりでサクッとランチをしたいなー、という時に思い立ったこのお店。
以前モーニングの中華粥を食べに行ったことだけありました。
前回は平日の朝だったので、とっても空いていてゆっくりできた印象がありましたが、
今日は日曜、ランチ!
立地が良すぎるのが災いで、激混みでした。。
新宿の南口周辺はビルを登らずとも食べられるレストランが限られているので、
NEWMAN全体的に混んでいました。。。
 
3組ほど並んでいましたが、意外とサクサクっと入れました。
席の間隔は狭く、テーブルも小さいので、混んでると落ち着ける感じではないです。
 
ランチは牡蠣御膳という牡蠣づくし定食、カキフライ、炒め物といった定食系。
ご飯は十六穀米も選べます。
シンガポール初の」感はあまり感じられない、どちらかというとほっこり和食系なメニュー。
私はカキフライ定食1500円をオーダー。
 
牡蠣フライのかきは5センチほどの大きさの大振りな牡蠣。
揚げたてにタルタルソースとレモン汁をかけて、
熱々をサクッといただきます。
さすがはオイスターバー、というジューシーな牡蠣でした。
牡蠣フライは牡蠣自身の美味しさも大切ですが、それ以上に食べるタイミングが大事だと思います。
出来立てのアッツアツをサクッと頬張る。
これだけで美味さ3割り増しです。
 
調理の丁寧さ等々を考えると、美味しい牡蠣が食べたい!という時は
もうちょっとTHEオイスターバーというところへ行くと思いますが、
新宿南口あたりでサクッとランチするには使いやすいお店です。
私個人としてはモーニングの朝粥の方が魅力的なので、
朝の時間帯にまた行くと思います。
 
ごちそうさまでした!
 

関連ランキング:オイスターバー | 新宿駅新宿三丁目駅代々木駅

【KINTAN 原宿・表参道】オシャレ空間で食べる女子向け美味焼肉

前日の夜にあんまりと牛肉を食べたにも関わらず、

今日のランチもお肉が食べたいとのリクエストがあったので、

表参道のKINTANへ。

原宿の店舗は以前ディナーで行ったのですが、

ランチも試してみたいと思い。

 

ちなみに、原宿、表参道以外にも恵比寿など、感度の高い女性が好むロケーションに

展開しているようです。

表参道店は青山通りから一本入った道沿いにあります。

この辺りは美味しいレストランが多いので好きです。

 

内装は原宿店と同じようなコンセプト。オシャレ路線

カジュアルさとナチュラルさを全面に出したモダンな雰囲気で、

音楽もそれに合わせた選曲。

このコンセプトは、大衆焼肉と高級焼肉の二極軸だった焼肉市場にとって

ちょっと斬新。

これがウケてるんだと思います。

 

焼肉ランチは1500円程度から、オススメは6種盛りセット1800円

ライスとサラダ、スープはお代わり自由。

ベーコンの出汁の効いたスープが地味にうまい。

ボリュームを考えると、がっつりとお肉が食べたいなら、1800円の6種盛りがおすすめ。

タンも二種類ついていて、カルビ、赤身もついています。

肉質は・・・うーん。そんなにいいとはいえない。

決して悪くはないけれども、美味しいお肉!というテンションにはならないです。

夜の方が美味しいとおもいます。

ま、ランチという価格とボリュームを考えると仕方がないですが。。。

 

立地と雰囲気はいいので、使い勝手はいい

味については、ちょっと微妙なコメントをしちゃいましたが、

決してまずくはないですし、それなりに楽しめます。

ロケーション抜群、雰囲気もいい感じなので、

この辺りでお肉が焼きたくなったら、という時は使うと思います。

 

ごちそうさまでした!

 

 

 

 

 

【グリルド エイジング・ビーフ 淡路町】柔らかジューシーな熟成肉とワインのマリアージュ!

美味しい赤身肉が食べたい!
と思い立ち、同僚とこちらのお店へ。
グリルド エイジング・ビーフ 淡路町店。
 
淡路町駅から徒歩1分という便利な場所。
神田からだと徒歩5分程度です。
 
お店の前にもお肉が並び、空腹感がくすぐられます。
もう気分はお肉モード。
 
メニューは熟成肉のグリルをメインに
サラダやピクルス、チーズハムといったスターター、或いはワインのお供。
マッシュポテト等の付け合わせや
アヒージョといった一品料理まで、諸々揃っています。
 
そしてメインの熟成肉グリル!
牛の部位と赤身度合いのリストがついているメニューも丁寧ですが、店員さんはもーっと丁寧に教えてくれます。
各部位についての、うんちくと、だからウマイ!のプレゼンテーションが巧みで、
もうどの部位でもいいから美味しそう!持ってきて!となります。
 
満場一致で一番美味しかったのが、シンシン!
後ろ脚の付け根のお肉で、筋はあるがきめが細かく柔らかく弾力のあるなめらかな食感が特徴的。
この筋を、熟成させることにより、柔らかく、箸でも切れるくらいにして提供しているとのこと。
味は癖なく脂もしつこくないので、とっても食べやすいです。
赤身といえばヒレですが、ヒレよりも味があり、「柔らかい赤身」の理想形です。
なかなかお目にかかることのない部位らしいので、このお店で味わうのをおすすめします!
 
ワインも充実
やはりお肉とワインは切っても切れない関係。
ワインもリーズナブルなものから結構美味しいものまで揃っています。
お肉のためのワイン、カーニヴォと悩みましたが、アメリカ、カルフォルニアワインの最高峰、ナパバレーのワインが最近ブームなのでこちらにしました。
美味しいお肉とワインで一週間の疲れが労われました。
 
ごちそうさまでした!
 
 
 
 

auの通信速度遅い!でも理由不明、という時の確認方法の意外な落とし穴

3日ほど前からスマホの速度が遅い。

画像が全然読み込めない!

 

というイライラの自体に陥った私。

 

もちろん最初にチェックしたのがお客様サポートアプリの

通信量。

今月の通信量は、0.2G。

やっぱり問題ない。

異様に少ないように思えるけど、先月かなりパケ代余ったから、その分のカウントが抜かれているからでしょ。

と自己納得。

 

じゃぁ何故!

と、色んな方法を試しました。

 

①無駄なアプリを全部閉じる

なんか通信食うアプリが起動している可能性があるので。

②再起動

なんか起きたら再起動、ということで今回も実施!

③キャリア設定のアプデート

設定>一般>情報を開くと、

キャリア情報のアップデートを求められたので、アップデート。

で、再起動。

 

等々、色々試したのですが、どーも通信速度が改善しない。

 

うーむ。ということで、最後の手段。人に聞いちゃいましょう。

auのサポートに問い合わせました。

 

愛想のいい事務的な対応のお姉さんがテキパキと色々調べてくれます。

「あー、お客様の契約のギガ数をオーバーしてるので、通信制限がかかっております」

少し遠回しに、丁寧に教えてくれたこの事実。

あれ。でもアプリでは・・・0.2Gなのに・・・。

と伝えたところ、アプリの更新、バージョンの確認、再ダウンロードを実施。

それでも表示は0.2G。

おかしいなぁ。。。

 

それでも次の手があるのがオペレーターさんの凄いとこ。

彼女がエキスパートなのか、auの仕組みでそうなっているのか。ちょっと気になります。

そしてついに謎が解けます。

 

auお客様サポートのアプリ上の、Menu>電話番号の選択の番号をご確認いただけますか?」

お、おお〜〜〜、ここで選択されているのは私のケータイの番号ではない!

そうです。ここに表示されているのは、私のケータイの番号とタブレットに割り当てられた番号。

で、チェックがついているのがタブレットの方の番号です。

 

契約携帯電話とタブレットを同一回線で利用する場合、

それぞれの通信量が表示されるようで、

仕様的に、後から追加したタブレット分の通信量がデフォルトで設定されているようでした。

そして、携帯電話の番号を選択すると、無事容量オーバーの数字を確認できました。

納得!

ちなみに、デジラアプリという別のパケット管理アプリだと、契約自体の合計利用量を

確認できるようです。

 

通信キャパオーバーによる速度制限だという根本原因がわかったのに、

アプリ上の表示について長々と丁寧に付き合ってくださったオペレーターのお姉さん、ありがとうございます!

格安スマホかちょっと迷ってたりしたけど、auでよかったな、と顧客満足度がちょっぴり上がりました。