読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Simple and Worthy LIFE

シンプルライフ、時々贅沢。

やっぱりマカロンはマカロンのままがいい。セバスチャン・ブイエのマカリヨンを食べて

新しいマカロンのお気に入りパティスリーを開拓すべく、

セバスチャン・ブイエのマカリヨンを試してみました。
 

セバスチャン・ブイエとは     

 
パティスリーブイエは、フランス南東部ローヌアルプ地方の中心都市「食の都リヨン」で人気のパティスリー。
もともと1977年、アンリ・ブイエ氏によって創業され、2000年に息子であるセバスチャン・ブイエ氏に引き継がれました。2004年には、世界で最も有名なパティシエで構成される菓子職人の国際協会「ルレ・デセール」の史上最年少メンバーとして認定され、数々のコンクールでグランプリや上位入賞を果たした、売れっ子パティシエです。
 
もともとマカロンはあったのですが、それにチョコレートをコーティングを施した、「マカリヨン」は、2004年にリヨンの アトリエで生み出されました。今までにはない新たな味わいとして高い人気を誇っている、とのことで、期待度大。
 

どこで買えるの??

 
新宿伊勢丹の本館B1に店舗があります。
 
■店名:Sébastien BOUILLET(セバスチャン・ブイエ
■住所:東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店 本館B1 食品フロアカフェ エ シュクレ
■電話:03-3351‐1111(代表)
■商品:マカロン 6個入り 1,470円、12個入り 2,835円、24個入り 5,250円
マカリヨン 3個入り1,260円、6個入り2,310円、12個入り4,410円(税込)
(全て税込)
 
老舗というよりは新生のパティスリー。
だからこそ新しい味にチャレンジしやすく、センセーショナルな輝きがあるのですね。
 

早速試食

 
箱を開けると、まさに宝石箱のように、
キラキラと輝くマカロン達に胸が高まります。
デコレーションのセンスが良く、上品で洗練されています。
 
さて、そのマカリヨンの味を試してみたのですが、
・・・
うーん。。。
チョコのコーティングによって、マカロンの外側のサクっとした感じが失われてしまい、
チョコでコーティングされた一口ケーキという感じ。
フルーティーなソースが入っていたりするのですが、特に感動的なコンビネーションではないと感じました。
これならば普通のマカロンの方が私は好きです。
少なくとも、コスパは悪いと感じました。
 
まぁ、私の個人的好みから普通のマカロンの方がいいと書きましたが、
好みの問題です。
スイーツとしては質・味ともに良いです。
見た目がとっても美しいので、プレゼントやお持たせにはぴったりだと思います♪